2011年04月15日

多くの経験が子育てに役立つ!

お子さんがアトピーのクライアントさんから「先日は、お電話ありがとうございました。

私も、以前のようにほぼ定時に退社して、一緒に夕食を食べています。そのせいか、どうかわかりませんけど…○○も(お子さんの名前)元気良く話しをするようになりました。また、主人の気持ちも落ち着いています。」というメールをもらった。

 

このメールの前に、保育園での出来事についての相談があった。

内容は、保育園でお友達から嫌な思いをさせられる事が何度かあり、本人が控えめな性格で自分から「止めて、嫌だ。」となかなか言う事ができない。

担任には報告するが、ご主人と祖父母(ご主人の両親)が心配し、「保育園へ行かすのを止めさそう。」と言っている。

本人は、一時期「保育園へ行きたくない。」と言った事はあるも、今は「行きたくない。」とは言わず、落ち着いているのだが、ご主人と祖父母の話しを察してか、本人が不安になっている。

私(母)としては、仕事の雇用形態や勤務形態を替えることでもできるが、「嫌な事は嫌」と言えるようになってもらいたいという気持ちもあり、どうしたものか?といったもの。

 

私の娘も、嫌な思いを伝えることができないというところがあり、娘にいろいろ話している経験を踏まえ、次の事をお話した。

 

① 仕事や登園についての結論を、直ぐに出す必要はないと思う。様子を見ても良い。

② 安心感を与えるために、両親が見守っている事を度々話す。

③ 色々な出来事に対しての対応力を身に付けるため、一つ一つの出来事に対しての対応方法を伝えてあげる。



kasumiso_hatabo at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2011年04月12日

なぜ、テレビと新聞は一部の情報しか報道しないのか?

病院で勤務しているクライアントさんから届いたメールを紹介します。

今回の大震災で、病院でも義援金集めや、医療班が宮城県へ行くなど活動をしています。

そんな中、大学病院のDMAT(災害派遣医療チーム)として陸前高田に派遣された先生がおっしゃっていたことですが、被災地の医療はずさんなもので、○○チームが偉そうに仕切っていても手抜きばかりだそうです。

県への報告がずさんだったり、DMATの先生が診察しても、また○○チームが診察しなおしたり怒られたりと。

 

やはり、現地へ赴かなければ、本当の事はわからないですね。

先日、テレビでDMAT(災害派遣医療チーム)を取り上げていました。

その中では、満点とまでは行かないまでも、ほぼ機能した。ということを話していました。

どんな組織も、現場で働いている人たちの大変さは、伝わらないものなのですね。

また、この非常時に、現場で縄張り意識を持ち込むなんて。

 

事件は、会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。なんてセルフそのままですね。



kasumiso_hatabo at 15:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年03月16日

インフルエンザの予防接種 ~地震の情報と重なる~

大惨事が起きた!

阪神・淡路大震災を体験した私としては、いたたまれない気持ちになる。

私ができることは、何でもやります。

しかし、誤った情報で行動するのは、いたしかないことか?

今回のブログも、情報についてです。

 

社会生活を行うには、様々なルールを守らなければならない。しかし、そのルールは数え切れないほどあり、また内容が複雑なものばかりだ。

加えて、一部の内容だけで判断している人が少なからずいる。

例えば、インフルエンザの予防接種。

娘と同学年の子供を持つお母さん方と、子供たちの勉強会をやろうとのことで話しをした。

その中で、インフルエンザの予防接種の話が出た。

私を含めて4人中1人だけ、子どもに予防接種を受けさせていた。

受けさせたお母さんは、軽くすみ、重くなると脳症や死亡につながる可能性があるから。

反対に受けさせていないお母さんは、インフルエンザにかかったことがないから。また、受けた人が思っていたほど重い症状ではなかったので、受けても受けなくても大きな違いがないと思ったから。

そこで、交通事故とインフルエンザでは、どちらの方が年間亡くなる人が多いか聞いてみた。

帰ってきた答えは、交通事故。

そうです。平成21年は、交通事故が7231人、インフルエンザが624人。(厚労省HP参照)

予防接種の費用は、2人で8,000円です。

交通事故を防ぐために、年間8,000円も費やしている人はほとんどいないですね。

だからといって、予防接種は受けない方が良いとは思っていません。

そして、比較したのが交通事故なので、正確な判断材料とは言えないです。

ただ、私が伝えたかったことは、偏った情報だけで判断するのではなく、色々な情報から判断してもらいたい。といったことです。



kasumiso_hatabo at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2011年03月13日

すぐできた!「逆上がりと後回り」

少し前、娘からの簡単な手紙が私の机の上に置いてあった。

「逆上がり」はできないけれど、お父さんは教えてくれました。

また、遊べる日に遊びたいです。まぁ、忙しいかも・・・といった内容。

そこで、時間を作り遊ぶことに!と言っても、「逆上がり」の練習へ。

かなり前、一緒に練習してから2回目!

近くの公園へ着いて、まずは1人でやってもらうができない!

そこで、ポイントを2つ話し、補助をしながら数回練習。

~足を上げた後、鉄棒とお腹を離さない、そしてだんご虫~

これが、話したポイントです。

そして、1人で・・・。 ハイ!できました。

ものの10分程で、できるようになりました。

できたことに、驚きと喜びの表情。

学校の先生とは、教え方・補助の仕方が違うとのこと!

・・それはそうでしょ。私は保健体育の先生をしていたのだから・・

「お友達で、できない人はいる?」

「○○ちゃんができない。」

「今度、一緒にやろうか。」

何て、話をしながら家路へ。

 

帰宅後、今度は後回りを教えてと。

またまた、ポイントを話し、補助をしながら数回練習。

だんご虫 ⇒ 脇を閉めて ⇒ 手のひらがマットについたらマットを押しながら脚を伸ばす!

(腕の力が弱いので、脚を伸ばすことで補助。)

そして、1人で・・・。 ハイできました!

こちらも、ものの10分程度。

 

運動が苦手という人がいるが、それは教える側の問題ですよ。

誰でも、そこそこできるものです。



kasumiso_hatabo at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2011年02月18日

こどもの発達過程 ~ギャングエイジ~

娘は、小学2年生です。

先日、クラスの懇談会に参加しました。(PTA活動等、昼間の行事は私が参加します。)

そこで、担任から「34年生の特徴としてのギャングエイジが、そろそろ現れてきているかな?」といった話がありました。

 

ギャングエイジ?

 

「特定の友達(徒党を組む)と決まったルールの中で遊んだり行動したりすることで、良い面も悪い面も持ち合わせているので、これから注意が必要ですね。」とのことでした。

何となくでしか、分からなかったので家に帰り調べる事に。

調べてみて、これは、既に妻に話しをしていたことだったので、改めて懇談会の内容と合わせて妻に話しをしました。

ただ、調べている中で、発達心理学の用語であり、これからの親友形成や社会的知識、技能を獲得するのに必要な事で、青年期以降の社会生活の基礎となる重要なものとありました。

また、塾や習い事などで忙しく、ギャングエイジを体験しなかったこどもが、おやじ狩りなどの凶暴な集団になることもあると。

 

経験の中で分かっていた事も、改めて調べてみると知らない事がたくさんありました。

今回の事を頭に入れて、明日から娘に接するとしよう!



kasumiso_hatabo at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て