2009年07月

2009年07月21日

産婦人科勤務の管理栄養士さんからのお話

 お付き合いのある、産婦人科で勤務している管理栄養士の方からの情報を少しお話します。
あくまで、その方が勤務している中で感じたことなので、内容が全て正しいとは考えないでくださいね。
少し、長くなりますがご勘弁!

 最近よく聞くのは、赤ちゃんのアレルギー発症や赤ちゃんが上手に食事(授乳)をしてくれない、不妊、婦人病などです。

《?》 母乳がまずい?
 赤ちゃんが上手に食事(授乳)をしてくれないのは、最近の母乳がまずいからだそうです。
上手に食事をしてくれないのも、夜泣きをするのも母乳が原因だそうです。(ストレスも良くないですが・・・。)
最近のお母さんたちは、油もの、甘いものなどの食べ物にたくさんかこまれて生活をしています。特にこういったものばかり食べたりしていると、母乳はとってもまずくなります。
だから、赤ちゃんは自分からお乳を飲まないようにしているのです。
 しかし、病院では母乳に良くないと知りながら、毎食油もの、甘いものなどの高カロリーでごうかな食事が出されています。これは、少子化になり、一度のお産にお金をかける人が増え、産婦人科も人気商売であり、波に乗らないとつぶれてしまうからです。矛盾していますね!

《?》 おいしい母乳は日本食から!
 では、どのような食事がおいしい母乳を作るのでしょう?
昔は、おもちが母乳の出を良くすると言って、良く食べさせられていました。
しかし、おもちはカロリーが高く、高カロリーのものを多く食べると母乳がつまってたいへんなことになります。また、デザートやフルーツは体を冷やすので、1回/食事で十分です。
 そこで、おこめ、さかな、野菜(根菜類)、梅干しやみそ汁(発酵食品)など、ひと昔前の日本の食事(食材)が、もっともおいしい母乳を作ると言われています。
おいしい母乳だと、赤ちゃんは一生懸命母乳を飲んでくれます。
根菜類は体を冷やさず、便秘を予防する効果があり、最近の健康ブームから気をつけるお母さんも多くおられます。

《?》 問題と思われる点!
?からだに良い、おから、野菜の煮物、酢の物、豆料理を残す方が多く、いわゆる子供の味付け(食事)を好む方が多い。(パスタ、ハンバーグ、グラタンなど)
?白いおこめを食べない。(どんぶり物、味付けご飯は食べるが、おこめのままだと残す方が多い。)
?もっと食べたいと思う物には、アイスクリーム、フルーツ、甘いものという意見が一番多い。
?たまご、牛乳、カフェインなどの食材を気にし、基本的にあまり食べない。ただ、気にする人は、体重を気にして残す方が多い。

《?》 食事を楽しもう!
 管理栄養士としての意見は、「食事を楽しんでほしい。」ということです。
たまご、牛乳、カフェインなどに敏感になるのは解りますが、おから、旬の野菜、豆類、海藻など、いろいろな食材で料理を楽しんでほしいです。
 子供の頃は、おからや魚などの食材が苦手(嫌い)というお子さんは多いです。
しかし、アイデアを出しながら手作り料理を作ると、「こんなにおいしくなるんだ。」とか、旬の食材の違いを感じることができると思います。
できあいの食事も良いですが、甘いものを食べることでのストレス解消より、ほんとにおいしいぜいたくな食事がおいしい母乳を作ります。
そして、赤ちゃんは、喜んで母乳を飲み、アレルギーなどの病気が起こらず健康に赤ちゃんは育ちます。


母乳について、もう一つ書き込みます。平成20年4月1日付の産経新聞朝刊に載っていた記事です。

=新生児の2割がビタミンD不足=
国内で生まれた新生児の約2割が、骨の形成に必要なビタミンDが不足している。と京都大学医学部の研究チームが発表しました。
ビタミンD不足が原因とされる、頭蓋骨を指で押すとへこむ「頭蓋ろう」の症状が、生後5?7日の赤ちゃんの約2割でみられた。とのことです。
妊娠中の母親の摂取不足に加え、ビタミンDは紫外線を受けて皮膚で合成されることから、日光浴不足も原因とみられています。
研究チームでは、「ビタミンDは、魚の油などに多く含まれるので、欠乏症を防ぐためには食事に注意するとともに、1日15分ぐらいの日光浴が大切である。」と話しています。

アレルギーだけでなく、妊娠中の食事・生活は、生まれてくる赤ちゃんに様々な影響を与えます。十分気を付けたいものですね。


at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2009年07月17日

アレルギー疾患の種類とメカニズム

 最初に、参考文献と資料についてお知らせしておきます。
・厚生労働省各情報 ・南山堂医学大辞典「南山堂」
・家庭医学大事典「小学館」 ・医療薬日本医薬品集「薬業時報社」
・総務省認証学術刊行物ほすぴ「NPO法人成人病予防協会監修」

○アレルギー疾患の種類

 最初に、アレルギーについて簡単に書きます。詳しくは、リンク集の満天星倶楽部をご覧ください。
アレルギー(Allergy)とは、ギリシャ語のallos「変化する」とergo「作用、能力」を一緒にした言葉で、「変化した反応能力」を意味し、本来、反応しなくとも良い異物(アレルゲン:食べ物、花粉、ダニ、金属、自己など)に対する免疫反応によって引き起こされた、からだの全身的または局所的な障害です。

※免疫反応(免疫応答)
原則として、?自己(生まれつき体内にもっている、からだの構成成分:細胞やたんぱく質など)に対しては抗体をつくらない。 ?いろいろな抗原(アレルゲン)に対し、特異的な抗体とリンパ球をつくる。 ?その質や程度は過剰にならないように調節される。 ?遺伝的な素因が関係する。といった性質を持つ。

さて、アレルギー疾患と言えば、喘息、アトピー性皮膚炎、(花粉症、食物アレルギー、金属アレルギー)、リウマチ、血小板減少性紫斑病などたくさんありますが、大別すると?型・?型・?型・?型の4種類になります。
一般的に、アレルギーと言われているのは?型のアレルギーで、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎の4つの病気があります。
参考までに、食物アレルギーや金属アレルギー、花粉症といったものは、特定の食べ物や金属、花粉などによっておこる、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎などの病気の総称で、病名ではありません。

よく、「子供が食物アレルギーなの!」と話をされる人がいますが、これは正しい表現ではないです。
細かいですが、正確に理解することは、色んな治療法や余りあるアレルギー情報を整理するために必要と思います
というのも、病院での?型アレルギーの治療法は基本的に同じであり(気管支喘息で一部違う。)、巷にあふれている情報を整理する上でも、正確に理解した方が良いと思います。

例えば、偏った情報による過度のアレルゲン除去(特に、食物除去)や喘息治療、薬の使用などにより、食べるものが限られたり、行わなくともよい治療を続けたり、改善するどころか悪くなってしまうことが少なくありません。
また、生活スタイルを変えざるを得なくなり、生活そのものにストレスを感じることもあります。
今一度、アレルギーとは何かについて、考えてみるのも良いのではないですか。


at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2009年07月10日

お父さんも納得!?

 =前回の方から届いた余談=

 主人は、休みを取っていたので、一応病院に連れて行きました。
(何に反応したか、やはり主人は気になるみたいで・・・。)
で、帰ってきたら一言『先生と喧嘩みたいになった。向こうも喧嘩腰みたいだった』と・・・?
 じんましんがすっかり引いた肌では、診断はできないとのこと。
主人は、一応血液検査をして欲しかったので、それを伝えた所、何のですか?と聞かれ、全部です!と答えると、すかさず高いですよ!と言われたらしいです。
そして、薬をだします。と言ってきたので、ステロイドは出さないで下さい。と言おうとした時のステ・・・を聞いた途端、顔色と態度が変わったそうです。

最後に、『お前が病院を嫌がる訳がよ?く分かった』と言ってました。


このような経験は、よくありますよね。
本当に、医者とうまく付き合うのは難しいです。
患者の立場を考えてくれる医者が増えることを願います。
ダメだ! あまり増えると、私の仕事が・・・・!


at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2009年07月06日

じんましんが出た!

 「娘の全身にじんましんが出て、痒がってます。」 「食べ物はいつもと変わらないので、いったい何に反応しているのか全然分からないです。」 「薬を出されるだけでしょうが、病院に行った方がいいのでしょうか?」という内容のメール相談がありました。
メールでは、やり取りに手間取るので電話で話をすることに・・・。

最近の生活状況は?
「特に変わった様子はなし。しかし、いつも一人で寝ているが、最近、リビングまで起きてくることがある。ただ、寝起きは悪くはない。」

 普段と違う行動を取るのは、精神的に何か不安なことがある状態。
また、睡眠不足が重なり疲れていることも考えられ、加えて季節の変わり目や学校でのストレスも影響している。
 睡眠環境の改善とスキンシップ、そして刺激になるものはしばらく避けることで様子を見ることになりました。

◇数日後、返事が届く
 この間の電話の後、又ひどくじんましんが出てずいぶん痒がりましたが、冷やしながら何とか寝ました。
次の日は、学校を休ますつもりだったので、自分から起きるまでほぉっておきました。
すると、あれほどひどかったじんましんが跡形もなく消えてました。
今日一日は、じんましんも出ず大丈夫でした。今月一杯牛乳は止めることにします。

※疲れは、肉体的なことだけでなく、精神的なことでも起こります。
また、疲れという字は、「やまいだれ」に「かわ」と書きます。
疲れると病気が皮膚に出るということですかね?

子供の事を一番良く知っているのは、医者ではなく、親であり家族です。
普段から子供の様子をしっかり観察したいものです。

at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て 

2009年07月03日

何か知りたいので・・・!

 お付き合いをしている方からの相談メールと、その返答です。
私とは違う、お母さんの腕の症状は何ですか?
何か知りたいので、メールしました。
たまたま、お母さんの腕を久しぶりに見たら、上腕と背中の上の方が写真のようにひどく、大腿にも少し出ています。以前から、こういった症状はあったんですが、何か気になって写真を撮りました。

 写真拝見しました。
おそらく、毛膿炎ではないかと思います。ブドウ球菌が毛穴の浅い部分に感染したものです。
自然に治ることもありますが、治らないと腫れや痛みが強くなり、化膿がひどくなります。
推測ですが、治ったと思ったらまた新しいのが現れる。といったことを繰り返しているのではないですか?
 また、上腕以外にも現れているとのことなので、一度、皮膚科へ受診すべきです。抗生剤の軟膏や服用で治りますが、免疫力が低下したらまた現れます。
再発を防ぐためにも、免疫力(体力)を高める必要があります。
○○さんと同じように、生活習慣の見直しも勧めてください。
時間のあるときでいいので、また結果を教えてくださいね!


at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アレルギー・アトピー・マタニティ・離乳食・子育て