看護師

2012年03月04日

急性穿孔性虫垂炎で緊急手術③

ベットの横には、妻と娘がいる。

当たり前だが、何が行なわれたのか理解できない。そして、そのことに少し恐ろしさを感じた。

娘は、「痛い?」「どう?」など矢継ぎ早に質問してくるが、声を出す気力はなく、右手を軽く振って“無理”という答えが一杯、一杯。

口の中は渇きがひどく、唾液がネバネバして気持ちが悪い。

そして、お腹と急所に痛みと違和感が!

妻に、ガーゼと水を頼み、唇と舌を拭く。

少し落ち着くも、上半身は斜めに起こされている状態。

左腕には点滴、お腹から下は痛みと違和感で動かすことができず、動かすことができるのは右腕と首から上だけ。

妻には「もう、帰っていいよ。」と伝え、必要なものはカバンに入れてきたことを妻から聞き、妻と娘は帰っていった。

その晩は、救命救急の病室で過ごすことに。

担当の看護師がBGMを流してくれたので、気持ちは楽だった。

でも、痛みと違和感がなくならず、何度も検温と血糖値を測る。そして、点滴から薬を入れる。

渇きとネバネバは完全になくならず、一晩中拭いていた。

 

朝になったのか?主治医がやってきた。

状態を確認し一般病棟へ移動となる。

お腹から下を見ると、お腹と急所から管が出ている。“痛みと違和感はこのせいか”

そして、オムツをはいている。“いつの間に!”と思っているところに、主治医が「急所に入れていた管を抜く。」と言う。

“えっ”と思うもつかの間、“うっ!痛っ”

そして、余韻を感じる時間もないまま、看護師から着替えを告げられる。

1人で着替えられますか?」と言われ、「ハイ!」と答えるも、“脚が上がらない”

左右の手でズボンをつかみ、腕の力で左足そして右足とベットから下ろす。

お腹の痛みから、一つ一つの動作に時間がかかる。

着替え終わると、看護師から「回復を早めるため、できるだけ動くように。」と告げられる。

少し余裕が持てたのか、冗談ぽく「できるだけと言われるより、動くように!と言われたほうが動けますよ。」と言うと「そんな言い方はできませんよ。」と言った後に「じゃぁ、少し歩きましょう」ということに。

性格なのか? 「できるだけ」と言われると、やっても、やらなくてもどちらでもいいと感じてしまう。

やるべきことは、強く言ってもらったほうが楽である。

 

少し、歩いた後に、一般病棟移動する。

言うまでもなく、ゆっくりですが歩いてです。

病室のある5階フロアーまで行くと、新しい看護師が「私が担当します。」「宜しくおねがいします。」と明るく話してきた。

“間が悪い!”歩いて来たことに加え、痛みで思うように答えられない状態なのに。

“申し訳ない”と思いながら、会釈だけの挨拶で済ませてしまった。

後日、事情を話し「すみませんでした。」と告げました。



kasumiso_hatabo at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)